Takaaki MIYAGUCHI
   Department   Kyoto University of Foreign Studies  Department of Global Studies, Faculty of Global Engagement
   Position   Associate Professor
Language English
Publication Date 2008/09
Type
Peer Review With peer review
Title Climate Change Impact Reduction through Corporate Community Interface - Cases from India and Indonesia (PhD Thesis)
Contribution Type Single author
Journal TypeJapan
Publisher Graduate School of Global Environmental Studies, Kyoto University
Volume, Issue, Pages pp.1-307
Details 本論文は、昨今の全世界、特にアジア地域において顕著に見られる気候変動の影響の削減に向け、私企業がコミュニティを焦点にした活動を通し、その持ちえる影響・役割について、インドおよびインドネシアの事例を基に分析したものである。気候変動の緩和、そして適応策としてクリーン開発メカニズム、そして災害リスク削減という二つの手段を企業の立場から検証し、それぞれの手段が私企業の、従来の企業の社会責任(CSR)活動ではなく営利目的のビジネス活動と相容れる性質のものであることを明らかにした。またこれらの手段が企業と気候変動の影響削減双方に効果のあるものだということ、また企業とコミュニティをつなげる役割を果たしていることを明らかにした。