タケウチ トシタカ   Toshitaka TAKEUCHI
  竹内 俊隆
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2000/03
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 「インドの核ドクトリン草案-最小限抑止概念の明確化と印中先制不使用条約締結の勧め」
執筆形態 単著
掲載誌名 『アジア太平洋論叢』
掲載区分国内
巻・号・頁 (10),179-196頁
概要 インドが最小限抑止と先制不使用を中核とする核ドクトリンの草案を発表したが、最小限抑止にとどまらずかなりの核戦力を追求する可能性があること、中国に対する信憑性のある「報復」戦力が当面不可能であることを指摘した。その後、インドが中国の先制不使用政策を全く信用しないと同様に他国もインドの不使用政策を信用しない可能性があり、中国と先制不使用条約を締結すれば、その懸念を払拭すると同時に、インドの対中脅威感も減衰すると論じた。