タケウチ トシタカ   Toshitaka TAKEUCHI
  竹内 俊隆
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/05
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 「中国の台頭とパワー・トランジションの可能性-東アジアの国際秩序を中心に-」
執筆形態 単著
掲載誌名 『アジア太平洋論叢』
掲載区分国内
巻・号・頁 (20),23-58頁
概要 アメリカは同盟国・友好国が多く、その支援が期待できるのに対して、中国には真の意味での同盟国・友好国と言える国はなく、まして近隣諸国との対立を激化する方向性の政策なので、単独でアメリカその他の友好国に対処しなければならない。そのため、どんなに単独で軍事思慮を強化し、経済力が上がったとしても、パワー・トランジションの観点からすると圧倒的に不利な状況を作り出している。そのため、パワー・トランンジションは起こらないと推測している。