カゲウラ リョウヘイ   Ryohei KAGEURA
  影浦 亮平
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   講師
発行・発表の年月 2010/04
形態種別 著書
標題 Doxa : Études sur les formes et la construction de la croyance(ドクサ:信仰の形式と構造の研究)
執筆形態 共著
掲載区分国外
出版社・発行元 Philologicum
巻・号・頁 219-229頁
総ページ数 11
担当範囲 La doxa comme base de la pensée : une lecture de Joseph de Maistre
著者・共著者 Pascale Hummel, Pierre Chiron, Fabian Ludueña Romandini, Laura Foulquier, Nicolas Cornu Thénard, Chrisine Ferlampin-Acher, Josephina Rodriguez Arribas, Sébastien Galland, Kristen Irwin, Frédéric Gabriel, Ryohei Kageura, Laurent Portes, Yannick Bressan, Sara D. Bélanger Michaud, Ivanne Rialland, Christine Cuet, Steven Bernas
概要 担当部分:La doxa comme base de la pensée : une lecture de Joseph de Maistre(思考の基礎としてのドクサ:ジョゼフ・ド・メーストルを読む), pp. 219-230.
ジョゼフ・ド・メーストルにおける、プラトン以降の哲学史において真理との対比で常に蔑まれていた「Doxa(意見)」という概念の再評価に対する考察。教会のドグマから真理を解放しようとする啓蒙主義哲学との対決の中で、メーストルは、様々な真理を結びつける整合性だけがひとつひとつの真理を正当化できることを主張する。コミュニティの中にある言説だけが真理となりうるのである。