カゲウラ リョウヘイ   Ryohei KAGEURA
  影浦 亮平
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   講師
言語種別 英語
発行・発表の年月 2009/01
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 Walter Benjamin and Psychoanalysis: On Dream and Revolution in Benjamin(ヴァルター・ベンヤミンと精神分析:ベンヤミンにおける夢と革命)
執筆形態 単著
掲載誌名 The Journal of Social and Psychological Sciences
掲載区分国外
出版社・発行元 Oxford Mosaic Publications
巻・号・頁 2(1),pp.8-23
概要 ベンヤミンにおける精神分析の受容を考察したもの。ベンヤミンは自身のシュールレアリズム論、プルースト論、そしてボードレール論の中で精神分析における夢の概念を取り扱った。夢は意識と無意識が同化することなく相互作用するような場として理解される。個人の意志と集団の意志の一致とは異なる政治モデルをフロイトの夢の概念は示しているとベンヤミンは考える。