カゲウラ リョウヘイ   Ryohei KAGEURA
  影浦 亮平
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   講師
言語種別 英語
発行・発表の年月 2008/10
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 Collective Memory of War and the Redemption of the Individual Experience in Walter Benjamin
執筆形態 単著
掲載誌名 InterCulture: An Interdisciplinary Journal
掲載区分国外
出版社・発行元 Florida State University
巻・号・頁 5(3),pp.171-180
概要 集合記憶に関するベンヤミンの思想を明らかにしようとしたもの。集合記憶を可能とする媒体としての「物語」はそれ自体としては理解されえないものであるが、そのことによってあらゆる個人の経験を包摂する。近代においてそれ自体として理解可能な「情報」が取って代わり、集合記憶は不可能となった。近代においては、取り戻しえない記憶があるという理解だけが逆説的に集合記憶に近づくことを可能にする。