モイゼス カルヴァーリョ   Moises Kirk de Carvalho Filho
  モイゼス・カルヴァーリョ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 ブラジルポルトガル語学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/03
形態種別 著書
標題 教育・発達心理学
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 ミネルヴァ書房
担当範囲 (A5、総頁数482頁中14頁を担当)
著者・共著者 Moises kirk de Carvalho Filho, 湯澤正通, 他
概要 メタ認知は、ダイナミックかつ発展の途上にある研究領域である。従来のメタ認知研究は、個人の学習のコントロールやモニタリング、あるいは瞬時の心的活動を研究対象とすることが多かった。最近では、瞬時のモニタリングやコントロールのプロセスだけでなく、知識や知るプロセスに関する持続的な信念を組み込んだ、より広いメタ認知概念を採用しはじめた研究者らがいる。本章では、メタ認知研究の新たなアプローチについて論じた。

深田博己・湯澤正通(編)『教育・発達心理学』の第18章を担当した(メタ認知の多面性:学習過程におけるモニタリングと制御)。
(A5、総頁数482頁中14頁を担当)