ナカヤマ トモコ   Tomoko NAKAYAMA
  中山 智子
   所属   京都外国語大学  外国語学部 フランス語学科
   職種   教授
発行・発表の年月 2011/11
形態種別 学位論文(博士)
査読 査読有り
標題 Jouer un autre sexe : le travestissement des femmes en homme dans le théâtre en France de 1681 à 1758(もう一つの性を演じる:1681年〜1758年のフランス演劇における男装)
執筆形態 単著
掲載誌名 Thèse de doctorat, Université de Nantes (博士論文、フランス国立ナント大学)
掲載区分国外
概要 フランスのバロック演劇で多用された異性装の流行は18世紀後半まで続いた。しかし、18世紀演劇においては異性装の位置付けが異なっている。本論では1680年からフランス革命前までの約600本の戯曲を調査し、そのうちの79作について当時の劇評や劇場に関する記録も参照し、異性装の詳細な分析を行った。その結果として、パリの劇場間の苛烈な競争関係が女優の男装の多用の一因となったこと、異性装が役者の存在を引き立てる手段として用いられたことを検証した。一方で、異性装に対して社会的な批判も生まれており、18世紀後半からの異性装劇の減少にもつながったことを指摘した。