タケシタ ルッジェリ アンナ   Anna Ruggeri Takeshita
  竹下 ルッジェリ アンナ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 イタリア語学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/07
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 禅の教育と体験の重要性(1)-公案の修行を通して-
執筆形態 単著
掲載誌名 京都外国語大学『研究論叢』
掲載区分国内
出版社・発行元 京都外国語大
巻・号・頁 (67),185-200頁
担当範囲 B5、17頁
著者・共著者 アンナ・ルッジェリ
概要 人間の心は一般的には分別するものとして存在する。そしてこの分別の作用故に無限の迷いが生じる。この二元対立を脱し、本来の統一的主体、つまり「仏心」に還帰することが禅修行の目的である。この修行法は坐禅と公案の二つを柱とする。  歴史的に見ると、臨済宗の実践的修行においては、坐禅と、「公案」と呼ばれる問題にめぐる対話の二つを中心に成立している。このような禅修行では理論というものは、ただ生活のために一つの必要な手段のみであり、すべての人間の可能性を表すものではない。小論では、中国と日本の禅における公案を検討している。