タケシタ ルッジェリ アンナ   Anna Ruggeri Takeshita
  竹下 ルッジェリ アンナ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 イタリア語学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/03
形態種別 論文
標題 白隠の唯識観-『四智辨』を通して-
執筆形態 単著
掲載誌名 花園大学 国際禅学研究所 『論叢』
掲載区分国内
出版社・発行元 花園大学
巻・号・頁 (2),151-179頁
担当範囲 A5、29頁
著者・共著者 アンナ・ルッジェリ
概要 江戸時代の臨済宗の代表者である白隠慧鶴(1685-1768)の理解に「心」がキーポイントになるということを明らかにした。白隠によれば、「心」から「仏心」、あるいは「心性」に至る本質的な転換は、唯識説の「八識」から「四智」への変化に最も具体的に説かれているとする。仏の四つの智慧である「四智」は、円満な「心性」の異なった特徴を表すものである。白隠の晩年の作品である『四智辨』を分析しながら、彼の唯識観を説明する。