タケシタ ルッジェリ アンナ   Anna Ruggeri Takeshita
  竹下 ルッジェリ アンナ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 イタリア語学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2004/10
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 修行における生と死の問題-白隠禅師の場合
執筆形態 単著
掲載誌名 宗教倫理学会『宗教と倫理』
掲載区分国内
出版社・発行元 宗教倫理学会
巻・号・頁 (4),30-51頁
担当範囲 A4、22頁
著者・共著者 アンナ・ルッジェリ
概要 禅の終業において「生死」の問題は非常に重要である。小論では、禅宗で「大死」と呼ばれる自己の「転換点」を、徳川時代の日本臨済宗の代表的な禅者である白隠慧鶴(1685-1768)の言説を通して、その性質を明らかにするものである。禅の伝統に従う白隠の思想を通して、「大死」という自己の「死」が具体的にどういう転換であるか、肉体的な死とどのように関連しているのか、この転換によってどういう結果が生じるのか、そしてこの自己の転換において身体がどのような役割をもつのか、という問題点について考察を試みた。