アンドレーア レオナルディ   Andrea Leonardi
  アンドレーア・レオナルディ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 イタリア語学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2017/01
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 Time and Eternal Now in the Philosophy of Nishida Kitarō
執筆形態 単著
掲載誌名 京都外国語大学『COSMICA』
掲載区分国内
巻・号・頁 (XLVI),pp.29-48
担当範囲 すべて
著者・共著者 Andrea Leonardi
概要 時間と空間は、近代の思想において次第に実在の最も根本的な形式とみなされるようになった。晩年の西田哲学の時間論は、こうした歴史的な背景において生まれた。拙論では、『善の研究』から晩年の論文まで登場する「永遠の今」の概念の発展を辿った上で、西田の時間論のさまざまな様態を明らかする。その時間論によって、西田がいかに自然科学や哲学の抽象的な時間観において生じた問題を解決し、その限定的な妥当性を根拠付けることができたのかを示す。結びに、西田の時間論において解決し難いいくつかの問題点を指摘する。