Andrea Leonardi
   Department   Kyoto University of Foreign Studies  Department of Italian Studies, Faculty of Foreign Studies
   Position   Professor
Language English
Publication Date 2016/01
Type Academic Paper
Title Things, otherness and sacrality in Heidegger's concept of fourfold
Contribution Type Single author
Journal 京都外国語大学『COSMICA』
Journal TypeJapan
Volume, Issue, Pages (XLV),pp.63-82
Details 「四方界」(Geviert)の概念は、後期ハイデガー哲学において重要な役割を果たしているにもかかわらず、長い間研究者によって軽視されてきたが、近年新たな注目を浴びるようになった。拙論では、『存在と時間』における「物」(内世界的存在者)の存在論から四方界の概念への発展を明らかにすることによって、四方界が『存在と時間』の未解決問題への答えであることを示した。