オカモト シンショウ   Shinsho OKAMOTO
  岡本 信照
   所属   京都外国語大学  外国語学部 スペイン語学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1999/02
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 コレアス(1627)の文法論
執筆形態 単著
掲載誌名 天理大学学術研究会『天理大学学報』第190輯
掲載区分国内
巻・号・頁 50(2),59-69頁
担当範囲 (B5、総頁数290頁中11頁を担当)
著者・共著者 岡本信照
概要 スペイン黄金世紀の文法学者ゴンサロ・コアレスが1627年に出版した『ギリシア・ラテン・カスティーリャ三言語文典』を対象として、著書独自の品詞分類を現代言語学の観点から分析したもの。ネブリハの文法との相違点・共通点、さらには中世の思弁文法との系譜関係に言及し、17世紀中期のポール・ロワイヤル文法に先駆けて、普遍性志向の合理主義的文法を構築している点を明確化した。