オカモト シンショウ   Shinsho OKAMOTO
  岡本 信照
   所属   京都外国語大学  外国語学部 スペイン語学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2001/02
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 16世紀初期のスペインにおける正書法論と音声学-ネブリハ(1517)とベネガス(1531)を中心として-
執筆形態 単著
掲載誌名 天理大学学術研究会『天理大学学報』第196輯
掲載区分国内
巻・号・頁 52(2),31-47頁
担当範囲 (B5、総頁数270頁中17頁を担当)
著者・共著者 岡本信照
概要 スペイン語初の正書法書を上梓したネブリハとベネガスを資料体として、当時の音声記述を現代音声学・音韻論の観点から分析し、この時代の正書法論の基準となった言語思想を探ったもの。ルネサンス人文学者によって推進された言文一致の動向は、その起源がクインティリアヌスに求められることを確認し、印刷本の流通による読者層の拡大や、言語表記統一によって国家統一を目論む言語イデオロギーと不可分であった点にも言及した。