オカモト シンショウ   Shinsho OKAMOTO
  岡本 信照
   所属   京都外国語大学  外国語学部 スペイン語学科
   職種   教授
発行・発表の年月 2014/10
形態種別 論文
標題 Las ideas lingüísticas de Nebrija en sus obras escritas en latín
執筆形態 単著
掲載誌名 Actas del II Congreso Ibero-Asiático de Hispanistas (Kioto, 2013)
掲載区分国外
担当範囲 (Web版、総頁数640頁中11頁を担当)
著者・共著者 岡本信照
概要 ネブリハの言語思想を、彼のラテン語による著作の解読を通じて分析したもの。具体的には『ラテン語入門』(1481)と『羅西辞典』(1495?)の序文、『文法再考』(1495)、『弁明書』(1507?)、そして『聖書の注解50章』(1516)を具に検討した。最終的に、ネブリハの根本には言語純化論に基づく原典回帰の思想があり、彼の究極目的は、形骸化した中世のスコラ学と決別して、実証主義を基盤とする人文主義的教育を通じて、同国人を啓発することにあったとの結論に至った。