ハイケ ピナウ サトウ   Heike Pinnau-Sato
  ハイケ・ピナウ-サトウ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 ドイツ語学科
   職種   講師
発行・発表の年月 2016/07
形態種別 論文
標題 Anglizismen in der deutschen Gegenwartssprache - Umgang und Auswirkungen -
執筆形態 単著
掲載誌名 研究論叢
掲載区分国内
出版社・発行元 京都外国語大学
巻・号・頁 (87),65-81頁
著者・共著者 Heike Pinnau
概要 治的・経済的活動などにより言語は常に異言語と接触してきた。その結果、言語は歴史的に他の言語から様々な影響を受け、同時に多くの借用語(外来語)を取り入れてきた。この現象に対しEisenbergは言語を授受の視点からからGebersprachen(提供言語)とNehmersprachen(受容言語)に分類し、分析している。
 Anglizismenの影響として規範ドイツ語の乱れの危険性を問いかけている。一方、他の言語学者集団は英語がドイツ語に及ぼす影響は、ドイツ語の存在を脅かすものとは見ず、逆にドイツ語を発展させる起因となる存在とみている。
本論において現在のドイツ語におけるAnglizismenの問題性を両者の意見を対立軸に分析を行った。