ハイケ ピナウ サトウ   Heike Pinnau-Sato
  ハイケ・ピナウ-サトウ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 ドイツ語学科
   職種   講師
発行・発表の年月 2017/07
形態種別 論文
標題 Der Mythos Konjunktiv I
執筆形態 単著
掲載誌名 研究論叢
掲載区分国内
出版社・発行元 京都外国語大学
巻・号・頁 (89),83-99頁
著者・共著者 Heike Pinnau
概要 本稿においてはまず、学校文法として学習する接続法第1式の用法、料理レシピ本などに見られる用法を分析し、時間の推移とともに表れるその用法の変化を検証した。
 次にドイツ語教授法の観点から、接続法第1式が教科書や練習帳の中でどのように説明されているのか、また特に要求話法に注目し、そこにあげられている接続法第1式の例文の有用性などの検証を行い、「外国語としてのドイツ語」における接続法第1式の学習意義を考察した。