ハイケ ピナウ サトウ   Heike Pinnau-Sato
  ハイケ・ピナウ-サトウ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 ドイツ語学科
   職種   講師
発行・発表の年月 2018/07
形態種別 論文
標題 Anglizismen im Bundestagswahlkampf 2017 (2017年のドイツ総選挙に見られる英語ふう語法について)
執筆形態 単著
掲載誌名 研究論叢
掲載区分国内
出版社・発行元 京都外国語大学
巻・号・頁 (91),61-75頁
著者・共著者 Heike PINNAU ハイケ・ピナウ
概要 2017年9月、ドイツで通常4年に一度の総選挙が行われた。選挙に勝つために各党は選挙公約、および選挙ポスターやプラカードを作成し、党の政策および党の魅力を市民、有権者に最大限にアピールしている。選挙公約はその性質上、人々にわかりやすく、また明快に表現されるべきものである。選挙ポスターやプラカードは文字媒体を使用するスペースが限られていることから、とりわけ簡潔に表現されなければならない。今回の調査の結果、選挙ポスターやプラカードにはAnglizismen(英語的語法/英語ふうの慣用語法)が一切用いられていないことがわかった。本論文においては、選挙公約、および選挙ポスターやプラカードにおいて用いられているAnglizismenに注目し、エコ言語学的観点から各党のAnglizismenの用い方を分析し、政治・政策分野で用いられるAnglizismenの使用に孕む問題性を考察した。