ウシジマ タカシ   Takashi USHIJIMA
  牛島 万
   所属   京都外国語大学  外国語学部 スペイン語学科
   職種   准教授
発行・発表の年月 1999/11
形態種別 論文
標題 ¿Quiénes son mexicanos?
執筆形態 単著
掲載誌名 京都外国語大学『REHK』
掲載区分国内
巻・号・頁 (7),13-23頁
概要 メキシコ人としてのアイデンティティを確立させる要因のなかでも最も重要であると思われる他者化との関連で「メキシコ人とは誰か」について考察した。本論文では、いくつかの思想的、理論的考察もふまえ、社会史、政治史、そして映画批評の各方面から分析を試みた。メキシコ人という範疇が他者化の過程で拡大され、このことは米国国籍を有する米国生まれの非スペイン語話者であるメキシコ系米国人にも及んでいることを指摘した。もう一つ重要なことは、他者化はイメージ化によって助長されるということである。それはスペイン語という言語の使用という客観的事実だけでなく、その言語の音韻論的影響によるイメージ化も含まれている。また身体的特徴、衣食住の生活環境などから連想されるイメージがまさに「メキシコ人」を増殖させているのである。そこでメキシコ人としてのアイデンティティや自らがマイノリティであることを認識させることを余儀なくなせていることに着目した。