コンドウ ナオキ   Naoki KONDO
  近藤 直樹
   所属   京都外国語大学  外国語学部 イタリア語学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/06
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 イタリアの演劇とオペラにおける言語的地域性-ヴェネツィアとナポリの場合-
執筆形態 共著
掲載誌名 日本演劇学会紀要
掲載区分国内
出版社・発行元 日本演劇学会
巻・号・頁 60,115-140頁
担当範囲 117~128頁
著者・共著者 近藤直樹、大崎さやの
概要 イタリア統一後(19世紀後半)のナポリ演劇の言語的問題を、劇作家エドゥアルド・スカルペッタの戯曲を用いて分析した。ナポリ方言演劇はそれまで、イタリア語とナポリ方言によって書かれ上演されてきたが、スカルペッタがイタリア統一後の1880年代に書いた戯曲には、その中間にあたる「地域のイタリア語」の特徴も見られ、ナポリ文学におけるその最初の例であり、きわめて重要な問題をはらんでいる。