ヒガシ ジユリ   Julie HIGASHI
  東 自由里
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/09
形態種別 著書
標題 「日系ボーイスカウト運動にみる国家と市民像: リトルトウキョウ高野山三七九隊の行進曲」『アメリカナショナリズムと市民像:グローバル時代の視点から』大芝亮、大津留(北川)智恵子編
執筆形態 単著
掲載区分国内
出版社・発行元 ミネルヴァ書房
巻・号・頁 249-276頁
担当範囲 A5、総頁数331中28頁担当
著者・共著者 他章: 大津留(北川)智恵子、大芝亮編、石井明、中野聡、寺地功次、武田康裕、石井修、稲田十一、山田敦、上村直樹
概要 「日系ボーイスカウト運動にみる国家と市民像:リトルトウキョウ高野山三七九隊の行進曲」の章を担当。ロサンジェルス市内の高野山(寺)を活動拠点に置く日系人ボーイスカウト379隊の歴史的変遷を追った。戦時中、日系人強制収容所内でもボーイスカウト運動が活発に展開されていたのはなぜか。戦後、レーガン政権下で日系人兵士部隊が表彰されるが、彼らの多くが熱心にボーイスカウト活動に参加し、同団に所属していたことを立証した。