シュ イッセイ   Zhu Yixing
  朱 一星
   所属   京都外国語大学  外国語学部 中国語学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/07
形態種別 論文
査読 査読有り
標題 続・汝の名はかくして変わる -「表意」の神話,「表音」の虚構
執筆形態 単著
掲載誌名 京都外国語大学『研究論叢』第79号
掲載区分国内
担当範囲 (B5、総頁数428頁中13頁を担当)
著者・共著者 朱 一星
概要 日本語では,外国人漢字名の「読み方」を,伝統的な「日本語読み」から外国語読み(いわゆる「現地読み」)に切り替えようとする観がある。世間ではこれまで様々な主張や考え方が満ちあふれているのに,長い間,文字論の立場から本格的にこの現象を取り上げる論者はいない。本稿は二部構成の後編として,日本語において,中国人漢字名「現地読み」の普遍化は,漢字の本質にそぐわない発想であると論証し,漢字名とアルファベット名の異質性ゆえ,漢字人名とアルファベット名の併記が好ましいと主張した。更に,漢字の「標意文字」説に触れ,漢字の性質に関する研究に一石を投じた。