ミヤグチ タカアキ   Takaaki MIYAGUCHI
  宮口 貴彰
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   准教授
発表年月日 2016/05
発表テーマ 実存論的評価手法を用いた気候変動適応プロジェクト事後評価のメタ分析
会議名 日本評価学会春季第13回全国大会
主催者 日本評価学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 神奈川県横浜市
発表者・共同発表者 Miyaguchi, T., Uitto, J.I.
概要 本研究は国際開発分野においてあまりまだ適用されていない実存論的評価手法(Realist Evaluation)を、国連が主にパートナーとなり実施された気候変動適応プロジェクトの事後評価のメタ分析に適用したものである。本研究は国連開発計画独立評価局に提出された9カ国の気候変動適応プロジェクトの事後評価9つを対象とし、違う国で実施された同じ種類のプロジェクト活動が、どのような背景、状況下において(その実施活動のアウトカムに対する)高いまたは低い評価を得たのかについて体系的に明らかにしたものである。実存論的評価手法は量的分析の観点から見ると明らかにその分析の厳格さには欠ける傾向がある。しかし介入策を取り囲む背景・状況に特に焦点を与える同手法の分析を通して、将来のよりよいプロジェクト形成に関しての有用な説明を政策立案者などに与えることが可能ということが判明した。