タケシタ ルッジェリ アンナ   Anna Ruggeri Takeshita
  竹下 ルッジェリ アンナ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 イタリア語学科
   職種   准教授
発表年月日 2015/07/04
発表テーマ イタリア・トスカーナ州フィレンツェ市におけるインクルーシブ教育(4)—教員への質問紙調査より
会議名 日本発達障害学会 第50回研究大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 東京学芸大学 (小金井キャンパス)
発表者・共同発表者 橋本鈴世、竹下ルッジェリ・アンナ、髙田千鶴、大片久、郷間英世
概要 イタリアにおいては1977年8月4日の法律517号によりintegrazione scolastica「学校の統合」の推進が始まり,特殊教育校の廃止が進められた。現在も障害児のみが在籍する公立学校及び学級は原則として存在せず,フルインクルージョンのもとに教育が行われている。30年以上使用されてきたintegrazione scolasticaの用語が現在も使用されている一方で,educazione inclusiva「包括的な教育」の用語も使用され始めている。そこで,本研究ではフィレンツェ市の公立学校教師を対象に質問紙調査を行い,integrazione scolastica及びeducazione inclusivaの用語についての教師の意識を明らかにするとともに,日本の特別支援教育制度についての意見を問うことを目的とした。本発表では、さらにアンケートの記述回答部分を分析し、キーワードを見出した。