タケシタ ルッジェリ アンナ   Anna Ruggeri Takeshita
  竹下 ルッジェリ アンナ
   所属   京都外国語大学  外国語学部 イタリア語学科
   職種   准教授
発表年月日 2006/10/14
発表テーマ 禅における新しいパラダイム-久松真一をめぐって-
会議名 宗教倫理学会第6回学術大会(於:キャンパスプラザ京都)
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
発表者・共同発表者 竹下 ルッジェリ アンナ
概要 現代においては、禅の実践的なやり方を大きく変えたのは、禅思想家である久松真一(1889-1980)である。彼は、禅の根本的な教えを守りながら、日本の臨済禅の修行に革命を与え、禅の伝統に対して対立的な立場を示した。久松真一の伝統禅に対する革命は、現在が必要としていた禅における新たなパラダイムを起こしたと思われる。その理由について発表した。