タケウチ トシタカ   Toshitaka TAKEUCHI
  竹内 俊隆
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   教授
発表年月 2009/08
発表テーマ 「北朝鮮への策源地(敵基地)攻撃論とミサイル防衛」
会議名 21世紀日本フォーラム・第16回サマーフォーラム「今後の政治経済安全保障」
主催者 21世紀日本フォーラム
開催地名 大津プリンスホテル
会議区分 国内会議
講演区分 講師
単独共同区分 単独
概要 北朝鮮のミサイル開発や核実験の進展に伴い、策源地攻撃能力保持論が最近話題になっているが、費用対効果からして割に合わない。戦略的安定性を維持するためには、「破れ傘」ミサイル防衛態勢の構築が望ましいと論じた。策源地攻撃能力保持にそれなりの軍事的メリットはあるが、その実際上の効果に大きな疑問があり、あぶはち取らずになってしまう。