タケウチ トシタカ   Toshitaka TAKEUCHI
  竹内 俊隆
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   教授
発表年月 2016/11
発表テーマ “East Asian Security Environment: Overall Assessment and Japan’s New Security Legislation”(東アジアの安全保障環境:全般的な評価と日本の新安保法制)
会議名 Seminar on Regional Security and Cooperation in East Asia, perspectives on the role of Japan
主催者 Globalization Studies Groningen/Centre for East Asia Groningen/ the Japan Centre, Univ. of Groningen
開催地名 Groningen, Holland
会議区分 国際会議
講演区分 基調講演
単独共同区分 単独
招待講演 招待講演
概要 アメリカでトランプが大統領に当選したばかりで、政策動向が読めない状況で基調講演を行った。東アジアで主として4つの論点があるが、最も重要なのは中国の台頭への対応である。しかし、基本的には現在のハブ・スポーク体制が維持されるであろう。それはASEANなどの地域機関があっても、EUやNATOとは比較にならないからだ。中国がパワー移行論者が恐れる挑戦国にならないためにも、は現在の自由貿易体制の中に取り込むことを目指すべきなどと論じた。