タケウチ トシタカ   Toshitaka TAKEUCHI
  竹内 俊隆
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   教授
発表年月 2014/03
発表テーマ ”East Asian Security Environment at a Glance” and “Japan's (Non-) Nuclear Weapons and Nuclear Energy Policy (includes the Fukushima Nuclear Accident)”「東アジアの安全保障環境概観」「日本の核・原子力政策)福島事故を含む)」
主催者 Mindanao State University-Iligan Institute of Technology
開催地名 Mindanao State University-Iligan Institute of Technology, Iligan City, the Philippines
会議区分 その他
講演区分 特別講演・記念講演
単独共同区分 単独
招待講演 招待講演
概要 二回講義を行ったが、最初は東アジアでは二国間関係の束であるハブ・スポーク体制が基調で、地域的機関が弱いことを指摘し、本来はその逆になるべきであると論じた。二度目は、日本がとってきた非核三原則、武器禁輸政策(今は三条件下で可能になったが)などの非核政策を、核の傘との矛盾も含めて、説明した。また、福島事故後の日本が直面している核燃料サイクル政策の破たんにも言及した。