タケウチ トシタカ   Toshitaka TAKEUCHI
  竹内 俊隆
   所属   京都外国語大学  国際貢献学部 グローバルスタディーズ学科
   職種   教授
発表年月 2016/09
発表テーマ “Japan’s Defense Policy and Newly Adopted Security Bills-Their Implications-”(日本の安全保障政策と新安保法制:その含意)
主催者 Norwegian University of Science and Technology
開催地名 Norwegian University of Science and Technology,Trondheim,Norway
会議区分 その他
講演区分 講師
単独共同区分 単独
招待講演 招待講演
概要 日本の防衛政策を巡っては、与野党では大きな差があるが、与党や政権内部でもリベラル派と保守派とで考えが異なる点を説明した。吉田路線が基本であったが、中国の軍事的台頭を受けて近年は変化が見られ、防衛力強化の方向に向いている。それでも、憲法9条があり、新安保法制が制定されても、他国と比較するとかなりの制約があるなどと説明し、そのインプリケーションにも言及・意見を述べた。