(最終更新日:2017-09-21 03:08:37)
  ミヤグチ タカアキ   Takaaki MIYAGUCHI
  宮口 貴彰
   所属   京都外国語大学  外国語学部 国際教養学科
   職種   准教授
■ 学会発表
1. 2016/05 実存論的評価手法を用いた気候変動適応プロジェクト事後評価のメタ分析(日本評価学会春季第13回全国大会)
2. 2015/12 The Role of the Private Sector to Climate Change Adaptation: The Preliminary Findings from Southeast Asia(私企業のもつ気候変動適応策における役割:東南アジアをケースとして)(SEASIA 2015(京都大学東南アジア研究所他主催国際会議))
3. 2015/10 An Analysis of Strategies, Interventions and Ex-Post Evaluations of Climate Change Mitigation Projects Using the Theory of No Change Conceptual Model(リアリスト評価手法を用いた気候変動緩和策プロジェクトの戦略・介入策および事後評価に対する分析)(International Development Evaluation Association (IDEAS) Global Assembly 2015)
4. 2015/06 Reducing Community-level Climate Vulnerability through Private Sector’s Core Products and Services—A Preliminary Study of Southeast Asia(コミュニティレベルの脆弱性の削減に資する私企業のコア商品及びサービスについて・東南アジアをケースとして)(The 3rd EnvironmentAsia International Conference on "Towards International Collaboration for an Environmentally Sustainable World")
5. 2014/11 What Do Evaluations Tell Us about Climate Change Adaptation? A Realist Review(気候変動適応策プロジェクトの事後評価から何がわかるのか?・リアリスト評価手法を用いた分析)(The 2nd International Conference on Evaluating Climate Change and Development "Tackling a Key 21st Century Evaluation Challenge")
全件表示(12件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  What Do Evaluations Tell Us about Climate Change Adaptation? Meta-Analysis with a Realist Approach (a chapter in "Evaluating Climate Change for Sustainable Development")(気候変動適応プロジェクト評価から学べることとは?リアリスト評価手法を用いたメタ分析) (共著) 2017/02
2. 著書  A Realist Review of Climate Change Adaptation Programme Evaluations – Methodological Implications and Programmatic Findings(リアリスト評価手法を用いた気候変動適応プロジェクトの事後評価へのメタ分析・評価手法論とプログラムからの考察) (共著) 2015/04
3. 著書  Corporate Sectors and Disaster Risk Reduction: A Community Focused Approach (a chapter in "Disaster Management: Global Challenges and Local Solutions")(私企業と災害リスク削減:コミュニティに特化したアプローチとは) (共著) 2009/09
4. 著書  CDM and its Development Impact: The Role and Behaviour of Corporate Sector in CDM Projects in Indonesia (a chapter in "Between the Market and the State: Corporate Responses to Climate Change")(クリーン開発メカニズム(CDM)とその国際開発へのインパクト:インドネシアにおけるCDMプロジェクトにおける私企業の持つ役割) (共著) 2008/11
5. 論文  Reducing Community-level Climate Vulnerability through Private Sector’s Core Products and Services-A Preliminary Study of Southeast Asia(気候変動に対するコミュニティの脆弱性の軽減に向けた私企業のもつ役割・東南アジアをケースとして) (単著) 2015/06
全件表示(17件)
■ 学歴
1. 2005/10~2008/09 京都大学 地球環境学舎 環境マネジメント 博士課程修了 地球環境学博士
2. 2002/10~2005/06 The University of Chicago Harris School of Public Policy Public Policy Studies 修士課程修了 Master of Public Policy
3. 1998/08~2002/04 The University of Michigan, Ann Arobr School of Natural Resources and Environment 卒業 Bachelor of Science
■ 職歴
1. 2015/07~ ノートルダム女学院高等学校 ‐ グローバルアドバイザー
2. 2015/04~ 京都学園高等学校 スーパーグローバルハイスクールプログラム 特別顧問
3. 2012/04~ 立命館大学 国際関係学部 准教授
4. 2010/08~2012/03 国連ボランティア計画 国際開発部 環境・気候変動担当プログラムスペシャリスト
5. 2008/01~2010/08 国連開発計画アジア太平洋地域事務所 環境エネルギー部 気候変動担当テクニカルスペシャリスト
全件表示(8件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2012/04/01~ 生徒主体のアクティブラーニングを取り入れた授業
■ 主要学科目
国際開発、環境政策、プログラム評価
■ 所属学会
1. 2014/10~ 日本評価学会
2. 2014/04~ The International Development Evaluation Association (IDEAS)
3. 2013/04~ 日本国際連合学会
■ 授業科目
1. 基礎ゼミナール
2. Introduction to International Relations
3. 国際教養概論1
4. 国際教養概論2
5. The United Nations(国連概論)
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2013/01~ 国際公務員セミナー「キャリアとしての国際公務員」講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2016/04  気候変動に対して脆弱なコミュニティにおけるアジアの私企業のもつ役割とその潜在性 若手研究(B) 
■ 講師・講演
1. 2016/10 自・他・環境とのつながりについて(京都府京都市)
2. 2016/09 グローバルキャリアに向けたVとW(滋賀県守山市)
3. 2016/02 国際環境問題と持続可能な開発: 世界における取り組みの類型と特徴(兵庫県尼崎市)
4. 2015/10 国際開発とは(京都府京都市)
5. 2015/09 グローバルキャリアプランニングについて(滋賀県守山市)
全件表示(11件)
■ 担当経験のある科目
1. Global Environmental Issues(立命館大学国際関係学部)
2. Global Simulation Gaming(立命館大学国際関係学部)
3. International Cooperation(立命館大学国際関係学部)
4. International Development Cooperation(立命館大学国際関係学部)
5. Introduction to the United Nations(立命館大学国際関係学部)
全件表示(8件)