(最終更新日:2017-11-25 03:08:36)
  タケウチ トシタカ   Toshitaka TAKEUCHI
  竹内 俊隆
   所属   京都外国語大学  外国語学部 国際教養学科
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2015/07/06 “Japan’s Nuclear Energy Policy- Predicament and Concerns‐”(日本の原子力政策:苦境と懸念)(The Ninth International Convention of Asia Scholars (ICAS 9))
2. 2012/07/01 「東アジアにおける中国の軍事戦略」(公共選択学会第16回全国大会)
3. 2009/12/06 「北朝鮮のミサイル発射に伴う策源地攻撃論について」(国際安全保障学会2009年度年次大会)
4. 2009/07/22 “An Analysis of the United Nations’Security Council Reform Proposals from the Perspective of the Bolger Index”(ボルジャー指数からみた国連安保理改革案の分析)(ABRI-ISA 2009 Joint International Meeting)
5. 2007/08/29 “An Analysis of the Life-Cycle Process of the Global Order-from the Perspective of Global Public Goods-”(世界秩序の盛衰(ライフサイクル)過程の分析:グローバル公共財の観点から)(The 63rd Congress of the International Institute of Public Finance)
全件表示(62件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  星野俊也、大槻恒裕、村上正直(編)、『平和の共有と公共政策』 (共著) 2016/03
2. 著書  Prasanta Kumar Pradhan (ed.), Geopolitical Shifts in West Asia: Trends and Implications(プラドハン(編著)『西アジアにおける地政学的シフト:傾向とその含意』) (共著) 2016/01
3. 著書  神余隆博・星野俊也・戸崎洋史・佐渡紀子(編著)『安全保障論』 (共著) 2015/01
4. 著書  大阪大学中国文化フォーラム(編)『中国革命・社会変容と社会-贛州会議中国語論文選-』 (共著) 2014/02
5. 著書  Understanding International Relations:The World and Japan(Takeuchi edited)(竹内(編著)『国際関係を理解する:世界と日本』 ) (共著) 2013/10
全件表示(59件)
■ 学歴
1. 1971/04~1975/03 京都大学 工学部 衛生工学科 卒業 工学士
2.
(学位取得)
3.
(学位取得)
4. 1977/03~1978/06 University of Oregon College of Arts and Sciences Political Science 卒業 Bachelor of Arts in Political Science
5. 1978/09~1980/06 University of Washington Graduate School, Division of Politics 修士課程修了 Master of Arts in Political Science
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 1988/04~1992/03 帝国女子短期大学(現:大阪国際大学短期大学部) 国際文化学科 助教授
2. 1992/04~2002/12 大阪外国語大学 外国語学部国際文化学科 助教授
3. 1995/01~1995/03 総務庁「世界青年の船」 指導官
4. 1995/09~1997/08 軍縮会議日本政府代表部 専門調査員(法律顧問)
5. 2003/01~2007/09 大阪外国語大学 外国語学部国際文化学科 教授
全件表示(10件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2013/10/30 Understanding International Relations: The World and Japan (ed.), University Education Press(大学教育出版)、 2013
2. 2012/04/20 『現代国際関係入門』(編著)ミネルヴァ書房
3. 2008/03/31 『ガイドブック国際関係論』(編著)大阪大学出版会
4. 1995/04/01~1999/03/30 『現代国際関係論-21世紀へのパースペクティヴ-』共著、建帠社
5. 1992/06/10~1995/03/30 『新版現代の国際関係』共著、建帠社
全件表示(6件)
■ 主要学科目
言語と平和II
■ 所属学会
1. 1996/04~ 公共選択学会
2. 1995/04~ アメリカ学会
3. 2009/09~2010/08 ∟ プログラム委員
4. 1992/04~ 数理社会学会
5. 1988/04~ 国際安全保障学会
全件表示(6件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1995/09/01~1997/08/31 軍縮会議日本政府代表部専門調査員(法律顧問)
2. 1995/01/17~1995/03/24 総務庁「世界青年の船」指導官
■ 授業科目
1. 言語と平和Ⅱ
2. Introduction to International Relations
3. 国際教養概論1
4. 国際教養概論2
5. Modern Diplomacy(現代外交論)
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2016/05 「フィリピン・マニラ滞在記―デラサール大学にて」(OSIPP Community|Works|その他|教職員)寄稿
2. 2016/04 「スビ礁で中国の灯台完成 南沙諸島の人工島」(『まにら新聞』2016(平成28)年4月7日)インタビュイー
3. 2016/02~ “Japan’s quest for UN Security Council reform going nowhere”(East Asia Forum)寄稿
4. 2014/08~ “Japan’s nuclear energy and waste storage policy quandary”(JAPANTODAY)寄稿
5. 2010/12 「日米関係の重要性指摘」対中・北朝鮮 日本の役割課題、国際時局セミナー「日米同盟の将来:東アジアの安全保障と核政策」(『静岡新聞』)パネリスト・講師
全件表示(34件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~  アジア太平洋地域の平和と安定:国際行動規範形成のための重層的分析 機関内共同研究 
2. 2014/04~  台湾をめぐる海洋安全保障システムの法構造と実態の総合的研究 基盤研究(A) 
3. 2013/04~2016/03  交渉教育のための要素理論の研究-よりよき実践に向けて 基盤研究(A) 
4. 2011/04~2014/03  グローバル大国・中国の出現と東アジア―学校間交流による学際的研究 基盤研究(B) 
5. 2011/04~2015/03  国連安保理改革の重層的研究:歴史、政治、投票力、実効性の観点から 基盤研究(B) 
全件表示(14件)
■ 講師・講演
1. 2016/12 「英国のEU離脱後のヨーロッパ」第1セッション「世界の変化」(大阪キャッスルホテル(天満橋)、大阪)
2. 2016/11 “East Asian Security Environment: Overall Assessment and Japan’s New Security Legislation”(東アジアの安全保障環境:全般的な評価と日本の新安保法制)(Groningen, Holland)
3. 2016/09 “Japan’s Newly Adopted Security Bills and Their Implications”(日本の新安保法制とその含意)(European Institute of Japanese Studies, Stockholm School of Economics, Stockholm, Sweden)
4. 2016/09 “Japan’s Defense Policy and Newly Adopted Security Bills-Their Implications-”(日本の安全保障政策と新安保法制:その含意)(Norwegian University of Science and Technology,Trondheim,Norway)
5. 2016/03 “Japan’s Foreign and Defense Policies: An Overview”(日本の外交・防衛政策:概観)(Dept. of East Asian Studies, University of Malaya, Kuala Lumpur, Malaysia)
全件表示(42件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 1974/04/06~ 少林寺拳法少拳士二段
2. 1973/12/02 第5回日本少林寺拳法近畿学生大会(橿原神宮)
3. 1969/06/05~ 柔道二段
4. 1969/04/13 第21回東信柔道大会高校の部
5. 1966/09/18 第18回全信州陸上競技大会:中学男子砲丸投
■ 委員会・協会等
1. 2013/12/01~2015/11/30 日本学術振興会科学研究費委員会 専門委員(研究成果公開促進費審査委員)
2. 2006/09~2007/12 大阪・サンフランシスコ姉妹都市提携50周年記念ワーキンググループ 座長
■ ホームページ
   http://takeuchi.osipp.labos.ac/
   http://www.osipp.osaka-u.ac.jp/ja/staff/takeuchi.html
■ 担当経験のある科目
1. International Relations and Game Theory(De La Salle University)
2. Introduction to International Relations(Osaka University)
3. Japan's Foreign Relations(Kwansei Gakuin University)
4. Project Seminar in English(Osaka University)