photo
    (最終更新日:2017-11-25 03:08:36)
  ナカガワ リョウヘイ   Ryohei NAKAGAWA
  中川 亮平
   所属   京都外国語大学  外国語学部 国際教養学科
   職種   准教授
■ 学会発表
1. 2017/08/31 (学会発表)Rethinking the commitment balance between corporations, institutional investors, workers/consumers, and the government in Japan(The 15th European Association for Japanese Studies (EAJS) International Conference) Link
2. 2016/09/24 (学会発表)On wage negotiation power and flat wages after the 2000s in Japan(2000年以降の日本における賃金交渉力と増加しない賃金について)(The Second European Association for Japanese Studies (EAJS) Japan Conference)
3. 2015/03/05 (学会発表)Will the existence of investors without profit-maximizing motive make Japan’s Stewardship Code sustainable? (利益最大化を動機としない投資家の存在は日本版スチュワードシップコードを持続可能にさせるか)(The Eleventh NAJS Conference)
4. 2014/08/28 (学会発表)Will Integrated Reports Ease Antinomies of Corporate Behaviors in Japan? (統合報告は企業行動の二律背反を緩和させるか)(the 14th International Conference of the European Association for Japanese Studies (EAJS))
5. 2013/09/28 (学会発表)Antinomies of Corporate “Westernization” after the 1990s in Japan (1990 年代以降の日本における企業の 「西洋化」の二律背反)(1st European Association for Japanese Studies (EAJS) Japan Conference)
全件表示(14件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Shareholding characteristics and imperfect coverage of the Stewardship Code in Japan(株式保有の特性と日本版スチュワードシップコード対象範囲の不完全性) (単著) 2017/03 Link
2. 論文  Will the existence of investors without profit-maximizing motive make Japan’s Stewardship Code sustainable?(利潤最大化を動機としない投資家の存在は日本版スチュワードシップコードを持続可能にさせるか) (単著) 2015/03
3. 論文  Will the institutionalization of integrated reports in Japan meet the conditions of Coase’s theorem?(日本における統合報告の制度化はコースの定理の条件に見合うか) (単著) 2014/06
4. 論文  A Perspective on Antinomies of Corporate Behaviors after the 1990s in Japan(1990年代以降の企業行動における二律背反についての考察) (単著) 2013/03
5. 論文  An Inter-Group Socio-Psychological Analysis on Resolving Japan-U.S. Economic Frictions(日米経済摩擦終結についての集団間社会心理学的考察) (単著) 2013/03
全件表示(76件)
■ 学歴
1. 2001/08~2003/05 Columbia University, School of International and Public Affairs, International Economic Policy 修士課程修了 Master of International Affairs
2. 1992/04~1997/03 東京外国語大学 外国語学部 ロシヤ・東欧語学科 ポーランド語専攻 卒業 学士(外国語学)
■ 職歴
1. 2010/04~2015/03 立命館大学 国際関係学部 講師 Link
2. 2009/01~2010/02 スイス World Economic Forum , Community Manager Japan Link
3. 2006/01~2008/05 米国 Columbia University , Graduate School of Arts and Science, Weatherhead East Asian Institute , Teaching Fellow(非常勤) Link
4. 2003/09~2008/12 米国 American International Group, Inc. Corporate Research & Development , Senior Analyst Link
5. 1997/04~2000/09 株式会社 東京三菱銀行 法人担当
■ 学内役職・委員
1. 2015/04/01~ 京都外国語大学 キャリアセンター長
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2015/09~2016/01 京都外国語大学における授業評価アンケート
2. 2013/09~2015/01 授業の学びから実際の企業へのコンサルティングに活かす
3. 2013/04~ キャリア教育における積極的他者理解教育
4. 2011/04~ 学びを実際の企業に当てはめて実践的に学ぶ
5. 2010/09~ スピーチによる自発的理解の促進
●実務の経験を有する者についての特記事項
全件表示(11件)
■ 所属学会
1. 2013/04~ European Association for Japanese Studies(EAJS)
2. 2012/05~ 日本経済学会
3. 2010/04~ 政治経済学・経済史学会
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2016/04/01~ 新学部設立準備室
■ 授業科目
1. Business Management(経営学総論)
2. 国際教養ゼミⅠ
3. 国際教養ゼミⅡ
4. 国際教養ゼミⅢ
5. 国際教養ゼミⅣ
全件表示(7件)
■ 社会における活動
1. 2010/04~ U.S.-Japan Leadership Program; Delegate (2011年7月まで)、Fellow (2011年7月以降)、Fellows Advisory Committee (2016年3月以降)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/12~  企業行動の二律背反とその諸対策について 個人研究 (キーワード:企業行動、二律背反、合成の誤謬、コーポレートガバナンス、企業・投資家関係)
2. 2011/03~2012/12  日本の経常収支の変化について 個人研究 
■ 講師・講演
1. 2017/06 Economic and business Japaneseness(京都市)
2. 2017/06 Japanese Corporate Management(京都市)
3. 2016/12 (パネリスト)外国人労働者のキャリアについて(京都市)
4. 2016/12 (招待講演)世界で活躍するための3つの心得(兵庫県朝来市)
5. 2016/11 (招待講演)コミュニケーションを通じて 世界の人たちと仕事をすること(京都外国語大学(京都市))
■ 委員会・協会等
1. 2013/07~ Global Shapers Community, Kyoto Hub, Founding Curator
2. 2012/01~ TEDxKyoto パートナー(スポンサー企業・団体)担当ディレクター
■ 担当経験のある科目
1. Business Administration in Japan (日本の経営論)(立命館大学 国際関係学部)
2. Business Management (経営学概論)(京都外国語大学)
3. Financial Sectors in Contemporary Japan (現代日本の金融セクター)(同志社大学 国際教育インスティテュート(ILA))
4. Industry and Labor in Contemporary Japan (現代日本の産業と労働)(同志社大学 国際教育インスティテュート(ILA))
5. International Business Strategy (国際経営戦略論)(京都外国語大学)
全件表示(19件)
■ ORCID
0000-0003-1205-1414