(最終更新日:2017-11-23 03:08:54)
  ヒガシ ジユリ   Julie HIGASHI
  東 自由里
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2017/06/23 Local Documentations in In This Corner of the World(International Conference on Animation and Memory)
2. 2016/07/05 The Ethical and Educational Issue of Dark Tourism(International Committee of Museums (ICOM)24th General Conference Milan, Italy)
3. 2013/07/15 Renewing Hiroshima Memory, Again: Bridging the Memory Gap between the Local and National Government(International Conference on Memory, Conflict and Space, Liverpool, U.K.)
4. 2011/11/18 The Political Landscape and Memory in Sapporo City: The Contested Space-Time Continuum(L'histoire des migrations dans les musees : entre memoire et politique, France)
5. 2010/07/14 The Emergence of Local Governments as Promoters of Citizenship Education in Japan(East West Center Association 50th Anniversary International Conference: "Leadership and Community Building in the Asia Pacific Region)
全件表示(9件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  「9・11メモリアル博物館の歴史政治学」『歴史を社会に活かす歴史学研究会編 (単著) 2017/06
2. 著書  "'Hello, Kitty': The Reception of Anne Frank’s Diaries in Japan," Critical Insights: The Diary of a Young Girl Eds. Ruth Amir and Pnina Rosenberg [Hardcover and eBook] (単著) 2017/03
3. 論文  戦争博物館にみる「場所性」と「政治性」 (単著) 2016/11
4. 著書  『移民都市の苦悩と挑戦:ニューヨークとフランクフルト』 (共著) 2015/06
5. 著書  "Heritage and the Reframing of Japan’s National Narrative of Hokkaido: negotiating identity in migration history," Museums and Migration: History, Memory and Politics, Ed. Laurence Gourievidis [paperback, hardcover, and Kindle e-book] (単著) 2014/06
全件表示(14件)
■ 学歴
1. 1994/05
(学位取得)
New York University Ph. D.(博士号、国際教育学)
■ 職歴
1. 2016/04~ 立命館大学(1997年~2002年3月助教授、2002年4月~2015年教授) 名誉教授
2. 2004/01~2004/07 American University, Washington DC School of International Service, Visiting Exchange Professor (Taught U.S.- Japan-China Relations and Historiography)
3. 1995/04~1995/07 大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部) アメリカ地域研究学科 非常勤講師
4. 1994/04~1997/03 大阪女学院短期大学 英語科 専任講師
5. 1989/05~1992/12 ニューヨーク大学 副学長室 教学部 Faculty Resource Network リサーチアシスタント
■ 所属学会
1. 2003/05~ ICOM 国際博物館会議ICMEMO 「公共に関する犯罪犠牲者追悼のための記念館」国際委員会
2. 2003/04~ 日本博物館協会ICOM日本委員会
3. 1994/04~ 日本国際政治学会
4. 1993/04~ 日本アメリカ学会
■ 授業科目
1. 言語と平和Ⅱ
2. English Seminar Ⅰ
3. English Seminar Ⅱ
4. Academic English Skills Ⅴ
5. Academic English Skills Ⅵ
全件表示(15件)
■ 社会における活動
1. 2017/10~2017/11 通訳:「母が挑んだ医学研究」シャロン・テリーさん講演会、PXE患者会準備会 Link
2. 2016/08 「核とツーリズム」(ソフィア京都新聞文化会議欄、寄稿記事) Link
3. 2016/04~2018/03 文化庁国際発信力向上推進事業に参加
4. 2016/03 毎日新聞(寄稿記事)「ナチス聖地」と博物館展示:「中立」にとらわれず主張
5. 2009/09 変わるか政治文化、新政権発足へ (京都新聞インタビュー記事)
全件表示(8件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2021/03  「米国国立公園局の核兵器ツーリズムにみる原子力政策の変質と公教育のための博物館展示」 研究代表者 東自由里 基盤研究(C) 
2. 2010/04~2013/03  「排斥・共生主義の超克:移民社会における教育政策目標の複層化と市民対立構造の転換」 研究代表者 東自由里 基盤研究(B) 海外学術調査 
3. 2002/04~2005/03  「地域博物館のグローバル連携が創り出す歴史教育事業の可能性」 研究代表 東自由里 基盤研究(A) 
4. 1999/04~2002/03  「日米のナショナリズムと市民像の比較」民博・一橋大学法学部連携研究、研究代表者 大津留(北川)智恵子 基盤研究(A) 海外学術調査 
5. 1999/09~2001/03  「日米戦後史における文化価値の共有」 米日財団、研究代表者 松田武 国際共同研究(分担) 
全件表示(8件)
■ 講師・講演
1. 2017/12 記憶の繋ぎ方:場所の力とメモリアル(大阪市立大学) Link
2. 2017/11 (2011年より年一回)「日米における戦争の記憶と教育現場」(同志社AKP留学センター)
3. 2017/05 「歴史と向き合う」(国立京都博物館) Link
4. 2015/07 (2013年より年一回)War Memory and Historiography in U. S. - Japan Relations(立命館大学 国際平和ミュージアム)
5. 2006/07 Teaching about Asia in Secondary Schools(New York University)
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/03/01~2019/09/07 ICOM京都大会運営委員会 (ICOM 日本委員会) 委員
2. 2015/09/01~ ICOM 国際博物館会議ICMEMO 「公共に関する犯罪犠牲者追悼のための記念館」国際委員会 ICMEMO 役員
3. 2006/04/01~2007/03/31 滋賀県平和祈念館あり方検討委員会、 基本構想策定委員
4. 1999/04/01~2001/03/31 京都市歴史博物館(仮称)建設構想策定委員会、 委員
5. 1999/04/01~2002/03/31 国立民族学博物館、 地域研究企画交流センター共同研究員、「日米のナショナリズムと市民像の比較」民博・一橋大学法学部連携研究
全件表示(6件)