カバタ シゲル   Shigeru KABATA
  嘉幡 茂
   所属   京都外国語大学  国際言語平和研究所
   職種   嘱託研究員
研究期間 2012/04~2014/03
研究課題 古代国家テオティワカンの崩壊プロセス:交易システムの復元
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 新学術領域研究(研究領域提案型)
科研費研究課題番号 24101701
キーワード テオティワカン、黒曜石、メソアメリカ
科研費分類考古学
研究制度 科学研究費補助金
代表分担区分 研究代表者
代表者 嘉幡茂
概要 古代メソアメリカ文明圏に属する初期国家テオティワカンでは、都市中心部に巨大モニュメント群が建設され、その象徴する宗教力によりメソアメリカ全域に影響を及ぼす国家機構を築いた。これを物質的に支えたのが、各地域の資源や製品をこの古代都市に集積し、それらを循環させた交易ネットワークである。しかし、紀元後6・7世紀におけるテオティワカンの覇権喪失の要因に関して、この交易ネットワーク・システムの破たんと関連付け考察する研究は乏しい。本研究の目的は、この古代国家の崩壊プロセスを説明するための新たな理論構築を行い、考古資料を基に実証することにあった。