スミダ イクノリ   Ikunori SUMIDA
  住田 育法
   所属   京都外国語大学  外国語学部 ブラジルポルトガル語学科
   職種   教授
研究期間 2013/04~2014/03
研究課題 ブラジル左派政権のグローバリズムとリージョナリズムの展開に関する調査
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 2013年度科研共同研究(代表:村上勇介、京都大学地域研究統合情報センター・准教授)海外調査
研究種目名 2013年度科研共同研究海外調査
キーワード 左派政権
代表分担区分 研究分担者
概要 ブラジル地域研究「ブラジル左派政権のグローバリズムとリージョナリズムの展開に関する調査」。サンパウロ大学コミュニケーション芸術学部ディルマ・デ・メロ シルヴァ教授の指導と協力を得て、労働者党ルラ政権の政治母体を為したABC地区の詳細な情報を入手できた。とくに同地区で永年、労働者党と労働組合の活動の中心的役割を演じたルイス・ロベルト・アルヴェス氏に面談することができた。その他、ジャーナリズムの面から政治研究を行っている複数の研究者から多くのアドバイスを得た。首都のブラジリアでは都市問題を人類学の立場から行っている共同研究者のグスターヴォ・リンス・リベイロ教授(ブラジリア大学)の案内で、プラーノピロット空間内の私がこれまで知らなかった地区の調査を実施できた。さらに、初めて衛星都市を地下鉄で訪問し、近代都市のモダンな空間とは異なる貧困地区を知る機会を持てた。ブラジリアからリオに移動し、リオのUFFの教授、とくに都市工学のニレウ・カヴァルカンティ教授、ジャーナリズムのクレベル教授とリオの都市行政と左派政権の活動について理解を深めることができた。