スミダ イクノリ   Ikunori SUMIDA
  住田 育法
   所属   京都外国語大学  外国語学部 ブラジルポルトガル語学科
   職種   教授
研究期間 2019/04~2020/03
研究課題 ラジルの古都リオの中心性と環大西洋ポルトガル語文化圏交流の考察
実施形態 個人研究
研究委託元等の名称 京都外国語大学国際言語平和研究所
代表分担区分 研究代表者
代表者 住田 育法
概要 継続研究として、環大西洋システムを踏まえ、古都リオにおける、伝統的エリート層とアフロ系低所得者層の混淆関係に注目した。研究協力者は、フルミネンセ連邦大学文学部リヴィア・レイス教授、ブラジル文学アカデミー前会長ドミーシオ・プロエンサ同大学教授、元同大学学長イルジベルト・カヴァルカンティ教授たちである。ポルトガル共和国リスボン地理学協会の常任会員に推薦され、2018年に正会員 (sócio) となっているので、ポルトガル語圏の膨大な資料を有する本協会に所属する立場を活かして、ヨーロッパからの視座も重視したい。