ウメモト タカトヨ   Takatoyo UMEMOTO
  梅本 貴豊
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/03
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 動機づけ調整方略と学習行動の関連―学習意欲の低下理由を考慮した検討―
執筆形態 共著
掲載誌名 日本教育工学会論文誌
掲載区分国内
巻・号・頁 38(4),385-392頁
担当範囲 共同研究につき本人担当部分抽出不可能
著者・共著者 梅本貴豊・田中健史朗
概要 大学生を対象に調査を行い,2つのやる気低下理由(困難,退屈/面白くない)によって,動機づけ調整方略と学習行動との関連が異なることを明らかにした。特に,学習内容が退屈のためにやる気が出ない場合,動機づけ調整方略が重要な役割を果たすことが示された。