Hiroaki IZUMI
   Department   Kyoto University of Foreign Studies  ,
   Position   Assistant Professor-lecturer
Language English
Publication Date 2019
Type Academic Paper
Peer Review Peer reviewed
Title Use of the functional independence measure in Japanese rehabilitation team interaction
Contribution Type Single author
Journal Discourse Studies
Journal TypeAnother Country
Publisher SAGE Publications
Volume, Issue, Page 21(6),pp.660-689
Details 本研究は、リハビリテーションチーム・カンファレンスに参加する医療従事者が、どのようにして機能的自立度評価法(FIM)を使い、脳卒中や骨折などの患者の機能改善を評価し、プラトーに達したかどうかを判断するのか、について分析した.医師のノートやパソコンの画面に写ったリハビリテーション実施計画書(RIPS)の使用を含めたマルチモーダル相互行為分析の結果、患者の機能改善は、相互行為を通してRIPS上に入力されたFIMスコアの関係性によって理解が可能となり、プラトーに達する時期を予測することが可能になることが分かった.また、ある特定の医療従事者が患者の機能改善に関する評価について質問され、応答することから、その医療従事者の認識的根拠が医療方針決定の基準になることが分かった.医療診断・方針の決定は、相互行為に参加する多職種医療チームによる恊働作業によって達成されることが明らかになった.