ハタダ アヤ   Aya HATADA
  畑田 彩
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/12/25
形態種別 論文
査読 査読あり
招待論文 招待あり
標題 「博物館の生態学」が目指すもの-特集「博物館の生態学」を振り返って-
執筆形態 共著
掲載誌名 『日本生態学会誌』第55巻3号
担当範囲 A4、総頁数152頁中4頁、共同執筆につき本人の担当部分抽出不可能
著者・共著者 三橋弘宗氏共著
概要 特集「博物館の生態学」を総括するとともに、博物館の生態学分野における活動について課題を列挙した。主な課題は次の二つである。1)生態学を一般市民に普及する方法は未だ発展途上であり、今後生態学者と連携することでより効果的な方法論を生み出せる可能性があること。2)博物館における普及活動や研究活動には明確な評価基準や評価軸がなく、今後の課題であること。