イタバ ムネチカ   Munechika ITABA
  伊多波 宗周
   所属   京都外国語大学  外国語学部 英米語学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2021/09
形態種別 論文
招待論文 招待あり
標題 社会革命と「人間たちの政治」-第二帝政期におけるプルードンの思想展開の一側面ー
執筆形態 単著
掲載誌名 フランス哲学・思想研究
掲載区分国内
巻・号・頁 (26),28-39頁
著者・共著者 伊多波宗周
概要 1852年のプルードンの著作『12月2日のクーデタによって明示された社会革命』を主たる題材に、ルイ=ナポレオンの体制への対峙においてプルードンが人間集団としての政府およびその意志を思想の枠組みに導入したことを明らかにし、それがプルードンの思想展開にとって重要な一契機であることを見通した。