カバタ シゲル   Shigeru KABATA
  嘉幡 茂
   所属   京都外国語大学  国際言語平和研究所
   職種   嘱託研究員
言語種別 スペイン語
発行・発表の年月 2009/01
形態種別 論文
査読 査読あり
招待論文 招待あり
標題 "La industria de obsidiana y su abastecimiento a Santa Cruz Atizapán"
執筆形態 単著
掲載誌名 La Gente de la Ciénaga en Tiempos Antiguos: la Historia de Santa Cruz Atizapán (ed.: Yoko Sugiura)
掲載区分国外
出版社・発行元 Universidad Nacional Autónoma de México
巻・号・頁 243-260頁
著者・共著者 Kabata, Shigeru
概要 先行研究では、初期国家テオティワカンは、近郊に位置する黒曜石原産地を支配し、成熟した交易システムを確立させていたと指摘する。しかしながら、従来の古代交易システムを復元する視点は、周辺地域のダイナミズムを考慮しないテオティワカン中心史観に傾倒している。本稿では、周辺は単に中央に支配された静的な存在とは見なさず、中央対周辺の二項対立的な枠組みを越え、黒曜石の獲得システムとその利用価値を考察する。トルーカ盆地に位置するサンタ・クルス・アティサパン遺跡から出土した黒曜石遺物の肉眼及び空間分析を通して、この地域がテオティワカンに従属するだけの存在ではなく、独自の交易システムを確立していたと指摘する。さらに、このような中央に依存しない周辺地域の交易システムの確立が、テオティワカンという中央集権国家の崩壊後も、トルーカ盆地の社会を継続的に安定させたと結論付けている。
ISBN 6070207335
researchmap用URL https://researchmap.jp/shigerukabata/published_papers/21974981