カバタ シゲル   Shigeru KABATA
  嘉幡 茂
   所属   京都外国語大学  国際言語平和研究所
   職種   嘱託研究員
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/12
形態種別 総説・解説記事
招待論文 招待あり
標題 「海外考古学事情(3)メキシコの考古学事情(後編)」
執筆形態 単著
掲載誌名 『月刊考古学ジャーナル』
掲載区分国内
出版社・発行元 ニュー・サイエンス社
巻・号・頁 (692),32-34頁
著者・共著者 嘉幡茂
概要 筆者は2012年からプエブラ州で「トラランカレカ考古学プロジェクト(Proyecto Arqueológico Tlalancaleca, Puebla)」を実施している。トラランカレカ遺跡で調査を開始した目的の一つは、メキシコの「国家主義的考古学」によって定説化してしまった、テオティワカンを古代国家の起源とする解釈(テオティワカン中心史観)に一石を投じる目的があったからだ。一方、これは遺跡が位置する地域社会のアイデンティティー形成に弊害をもたらしている。そのジレンマを解消するため、筆者は考古学調査と並行して、平易で楽しめる情報媒体の開発を目的としたマンガ・プロジェクトを開始した。本稿は、これについて詳述している。
ISSN 0454-1634
PermalinkURL http://hokuryukan-ns.co.jp/cms/book_category/x08/
AmazonURL https://www.amazon.co.jp/%E8%80%83%E5%8F%A4%E5%AD%A6%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB-2016%E5%B9%B4-12-%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B01M1UPJQB/ref=sr_1_fkmr2_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E6%9C%88%E5%88%8A%E8%80%83%E5%8F%A4%E5%AD%A6%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB+2016%E5%B9%B4&qid=1577055962&s=books&sr=1-2-fkmr2
researchmap用URL https://researchmap.jp/shigerukabata/misc/23644425