カバタ シゲル   Shigeru KABATA
  嘉幡 茂
   所属   京都外国語大学  国際言語平和研究所
   職種   嘱託研究員
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/12
形態種別 論文
招待論文 招待あり
標題 「古代都市ショチカルコ--ブランド化されない世界遺産」
執筆形態 単著
掲載誌名 『共生の文化研究:特集号 現代に生きるメキシコ世界遺産--古代文明と伝統芸術のルーツ』
掲載区分国内
出版社・発行元 愛知県立大学・多文化共生研究所
巻・号・頁 (3),115-122頁
著者・共著者 嘉幡茂
概要 平成11年に世界遺産登録されるまで、ショチカルコ古代都市への観光者数は年間15万人程度であった。しかし現在、年間約80万人が訪れる。この観光客の伸びは、世界遺産というブランドに関係しているように思える。しかし、モレーロス州観光局は「世界遺産登録の恩恵である」とは述べない。何故世界遺産というブランドをさらに利用しないのか?本稿では、同遺跡の重要性と観光者数の増加傾向に現れる観光開発戦略をキーワードに考察した。
NAID 40017207261
researchmap用URL https://researchmap.jp/shigerukabata/published_papers/1017607