Hajime NOZAWA
   Department   Kyoto University of Foreign Studies  Department of British and American Studies, Faculty of Foreign Studies
   Position   Associate Professor
Language English
Publication Date 2003/02/14
Type Academic Paper
Title Constrains on Synaesthesia (「共感覚表現における制約」)
Contribution Type Multiple author(s)
Journal Proceedings of the Annual Meeting of the Berkeley Linguistics Society 29
Responsible for (B5、総頁数634頁中12頁、共同研究につき本人の担当部分抽出不可能)
Author and coauthor Yoshikata Shibuya, Hajime Nozawa
Details 共感覚表現の可能な写像の方向性を、6カ国語について調査し、可能な方向性には共通した一定の傾向があることを明らかにする。また、このような汎言語的傾向が、脳の神経生理学的構造と、それに基づく認知過程に起因する可能性について論じ、神経心理学的知見を導入したモデルを用いて、その理解過程についての仮説を提案する。