サカグチ マサコ   Masako SAKAGUCHI
  坂口 昌子
   所属   京都外国語大学  外国語学部 日本語学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/01/31
形態種別 論文
標題 ナガラ節に見られる日本語学習者の母語転移-韓国語母語話者が用いる「ながら」の始点的用法を中心に-
執筆形態 共著
掲載誌名 京都外国語大学『研究論叢』第68号
担当範囲 B5、総頁数8頁、共同執筆につき本人の担当部分抽出不可能
著者・共著者 鄭 惠先氏共著
概要 日本語学習者の用いる「ながら」の誤用を中心に、母語によってナガラ節の使用に差が見られるか、学習歴によってナガラ節の使用に差が見られるかという点で分析を行い、次のような結論を得た。1)使用数も誤用数も韓国語話者が中国語話者よりも多く、使用された用法にも違いがある。2)同じナガラ節でも、用法により学習とともに減少する誤用と減少しない誤用がある。