スミダ イクノリ   Ikunori SUMIDA
  住田 育法
   所属   京都外国語大学  外国語学部 ブラジルポルトガル語学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/05/31
形態種別 論文
標題 ブラジルの都市形成と土地占有の歴史-旧都リオデジャネイロを中心として
執筆形態 共著
掲載誌名 科学研究費補助金研究成果報告書『現代ブラジルにおける都市問題と政治の役割』(課題番号16510192、研究代表者:住田育法)
担当範囲 A4、総頁数222頁中16頁を担当
著者・共著者 住田 育法
概要 映画『リオ40度』(1955年)は従来、国際観光都市として描かれてきたリオを、ファヴェーラで暮らす貧しい黒人の子どもたちに絞って取りあげ、裕福な地区と貧しい地区のコントラストを浮き彫りにした。もう1つ記録映画『バス174』(2002年)でも、貧しい地区と裕福な地区のコントラストを強調している。このように、貧しい地区と裕福な地区が混在する新世界ブラジルの都市、特に旧都リオに注目して、瀟洒な都市の形成ならびにコントラストを産んだ土地占有の背景を考察した。