ナガハマ タクマ   Takuma NAGAHAMA
  長濵 拓磨
   所属   京都外国語大学  外国語学部 日本語学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/09
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 遠藤周作の「歴史小説」の一側面ー松田毅一との関連をめぐってー
執筆形態 単著
掲載誌名 『遠藤周作研究』
掲載区分国内
巻・号・頁 (4),14-28頁
担当範囲 15頁
概要 35年にわたって書き続けられた遠藤周作の「歴史小説」の分類・整理を試みたものである。分類の結果、第1期「キリシタン物」、第2期「評伝」、第3期「歴史群像」と明確な3つの時期があり、多彩な「歴史小説」の全体像が明らかになった。また、第2期以降、遠藤周作の「切支丹勉強の師」として歴史家の松田毅一が重要な役割を果たしており、二人の人生の類似性も含めて、交遊関係も明らかにした。