アイカワ マサオ   Masao AIKAWA
  相川 真佐夫
   所属   京都外国語短期大学  キャリア英語科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2020/05
形態種別 論文
査読 査読あり
標題 指導体験が及ぼす教職志望学生のアイデンティティの変化
執筆形態 共著
掲載誌名 JALT Journal
掲載区分国内
巻・号・頁 42(1),29-50頁
概要 本研究は英語教育(TEFL)コースに在籍する学生3名が、課外活動として小学校英語ボランティア活動に2年間参加したことによる成長とアイデンティティの変容を、質的分析を用いて考察するものである。活動途中と終了時に半構造化面接を行い、SCAT(大谷, 2008, 2011)により分析したデータに対して、Lave・Wenger(1991)の正統的周辺参加理論を用いて理論的記述を試みた。分析の結果、「英語教育TEFL)コースの学生」、「児童の指導者」、「活動グループのメンバー」という3つの立場におけるアイデンティティが形成され、関与、想像、調整という3つのモードがその形成に関わっていたことが示唆された。また、3名それぞれに異なるアイデンティティが形成され、個人内でも複数のアイデンティティが相互に影響を与え合っていたことも分かった。教職課程という特定の専門職養成プロセスにおいて、課外活動である実践共同体への参加が社会的・職業的自己形成に与える有効性を検証し、教員養成課程の充実化への提案も行う。