Yutaka SASAKI
   Department   Kyoto University of Foreign Studies  Department of British and American Studies, Faculty of Foreign Studies
   Position   Professor
Language English
Publication Date 2010/11/01
Type Book(s)
Title The United States and the Second World War: New Perspectives on Diplomacy, War, and the Home Front
Contribution Type Multiple author(s)
Publisher Fordham University Press (New York, NY)
Responsible for 総頁数400頁中39頁を担当。
Author and coauthor G. Kurt Piehler, Sidney Pash, Yutaka Sasaki , 他8名
Details シンクタンク的性格を有する国際NGOの先駆である太平洋問題調査会及び外交問題調査会が第二次世界大戦中にそれぞれ研究・討議した対日戦後処理構想を一次資料を用いて比較検討した。対日戦後処理構想に関しては、両団体ともリベラル・デモクラシーに基づく政治的/経済的に安定した戦後日本を構想した点において一致していた点を強調した。両団体に集った外交問題専門家を、専門的知識を公共的性格を有する諸問題の解決に向けて進んで提供するサービス・インテレクチュアルと規定した。